HOME




(株)日本バイオディーゼル機器

バイオディーゼル燃料精製装置

BDFはエンジンの食べ物! 品質が重要です。

■バイオディーゼル
 燃料精製方法

■バイオディーゼル
 機器選択方法 


■廃水処理について

■グリセリンについて

品質重視
エンジンのメカを知らなければ問題解決不可能
■担当者資格■
ディーゼルエンジン
2級国家整備士
ガソリン エンジン
2級国家整備士
バイオディーゼル
実車試験走行
フラッシュによる屈折で品質の差がわかる
V-HOPEは女性でも操作ができます

 ドライ+水洗方式 両方精製できるV-HOPE
V-HOPE100型
8~72時間・精製
コモンレールエンジン
対応の燃料精製可能








人の命が救えるAEDを設置推進運動中
日本バイオディーゼル
機器はAED設置推進
運動に参加しています
 ■燃料精製には、適切な触媒量を計算することから始まります。   BDFのプロセスサンプル

■滴定をして必要な触媒の量を計算。
1.蒸留水1リットルに水酸化ナトリウム1グラムを溶かしてNaOH水溶液を作る。
2.イソプロピルアルコール10mlと、廃食用油1ml混合。
3.「イソプロピルアルコール+廃食用油」の混合液に、フェノールフタレイン液を2滴入れる。
4.NaOH水溶液を1滴ずつ「廃食用油+イソプロピルアルコール+フェノールフタレイン液」の溶液に滴下する。
5.滴定の溶液がピンク色に変わり、やがて10秒間ピンク色のままになったときが溶液がph8~9になっています
※ph8~9になるまでに滴下したNaOH水溶液の量を記録すること。
※一般的にはNaOH水溶液の量は約1.5~3mlの範囲です
■計算の仕方
※植物油をエステル交換させるためには、基本的に油1リットルに対し3.5グラムの苛性ソーダが必要。
6.NaOH水溶液の「ミリリットル数」に、廃食油の数量を乗法。
ex:滴定でpH 8~9になるまでに滴下したNaOH水溶液の量が3.0ml、エステル交換させる廃食油の量が100Lの場合。
  3.0g x 100リットル =300g
  3.5g x 100リットル =350g
  300 + 350 = 650g・・・・・・※苛性ソーダの場合

■エステル交換用ナトリウムメトキサイドについて
※メタノールは廃食油の重量比にして20%のメタノール量が必要。
1.メタノールに水酸化ナトリウムを少量ずつ攪拌しながら混合していく、発熱するので注意深く攪拌すること。
2.水溶液が透明になるまで攪拌。
※注意事項(毒物劇物取扱注意)
1.水酸化ナトリウムに使用する機材は水分の無い機材を使用すること。
2.気化ガスを絶対に吸わないこと。 
3.ナトリウムメトキサイドが皮膚に付着すると、神経も殺し痛みも感じない間に大やけどする恐れがあります。
4.ナトリウムメトキサイドを目に入ると失明する事があります。


■バイオディーゼルの品質は化学反応(エステル交換)時間と静置時間が一番重要です。
※京都市の1日5000リットル精製しているバイオディーゼルは、3日間かけて高品質な燃料を作っています。
※バイオディーゼル先進国でも3週間かけて高品質なバイオディーゼル燃料を作っています。
※72時間かかるシステムでも予備タンクなどで毎日連続して規定量の燃料を作ることが出来ます。

※廃食油からバイオディーゼル燃料になる一番重要なエステル交換の分析データーはこちらから確認することが出来ます。


■バイオディーゼル燃料の作り方
◎半自動方式とは、
  1.廃油を入れる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・作業①
  2.温度設定する
  3.エステル交換スタートさせる
  4.交換が終了したら静置させ分離した粗グリセリンを取り出す ・・・・作業②
  5.温水を入れる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・作業③
  6.洗浄廃水液を取り出す・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・作業④
  7.温水入れる ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・作業⑤
  8.洗浄廃水液を取り出す・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・作業⑥
  9.温水入れる ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・作業⑦
 10.洗浄廃水液を取り出す・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・作業⑧
 11.温水入れる ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・作業⑨
 12.洗浄廃水液を取り出す・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・作業⑩
 13.高温で水分飛ばす・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・作業⑪
 14.温度が冷めたら給油又は保管(種々の添加剤の投入)・・・・・・・・・作業⑫
  以上が主な作業工程であり工程時間は8時間~72時間です

◎全自動方式とは
 1.半自動方式をコンピュータ制御してボタン一つで全行程を管理・精製します。

◎温水洗浄方式
 1.ベーシックな精製方法で一番正確なバイオディーゼル燃料が精製できる

◎ドライ洗浄方式
 1.イオン樹脂交換、吸着材チップなどでドライ洗浄します

お気軽にお電話下さいBDF専門的が親切に対応します

資料請求メール
HOME