HOME




(株)日本バイオディーゼル機器

バイオディーゼル燃料精製装置

BDFはエンジンの食べ物! 品質が重要です。

■バイオディーゼル
 燃料精製方法


■バイオディーゼル
 機器選択方法 

■廃水処理について

■グリセリンについて

品質重視
エンジンのメカを知らなければ問題解決不可能
■担当者資格■
ディーゼルエンジン
2級国家整備士
ガソリン エンジン
2級国家整備士
バイオディーゼル
実車試験走行
フラッシュによる屈折で品質の差がわかる
V−HOPEは女性でも操作ができます

 ドライ+水洗方式 両方精製できるV-HOPE
V−HOPE100型
8〜72時間・精製
コモンレールエンジン
対応の燃料精製可能








人の命が救えるAEDを設置推進運動中
日本バイオディーゼル
機器はAED設置推進
運動に参加しています
V−HOPEシリーズの大きな特徴 Simple is the Best V−HOPE 
   ◎V−HOPEシリーズは、エステル交換時反応効果を高める特殊構造のシステムになっており、他社様にはない装置です。  
   ◎廃食油の痛み具合は様々です、V−HOPE精製機は廃食油前処理技術でピアーな廃油にすることが出来る(減圧など不要)
   ◎V−HOPEは小型ながらでも化学プラントです、化学プラントは露出設備が基本、V−HOPEは安全第一重視の構造です。  

         ドライ+水洗方式 両方精製できるV-HOPE

  ◎V−HOPE単体の場合、温水洗浄方式の半自動型
    バイオディーゼル燃料精製機(アルコール回収付き)

  ◎イニシャルコスト軽減・高品質燃料精製装置

  ◎精製時間 8時間〜72時間
   品質改善のため、自由にシステム変更が可能

   ◎使用するエンジン型式により精製基準値を調整する必要
     があります(コモンレールエンジンなど)

   ◎V−HOPEは、ドライ方式、温水洗浄方式、どちらでも
     簡単に追加することができます。
   ◎写真提供:岐阜県・(株)河合興業様より
  ◎V−HOPE100型は、日量100gですが、廃食油の回収量が多くなり機械設備の拡大させるときオプションタンク類を追加するだけで
    増量生産体制ができます。
 ◎V−HOPEはエンジンの種類により仕様変更ができる
  ◎V−HOPE100・200・300g型の他に大型プラントから小型50gサイズまでありますのでお問い合わせ下さい。

  ◎導入後の諸問題解決には、ディーゼルエンジン国家整備士がエンジンの事や精製技術の指導を行いますのでご安心です。
ドライ+水洗方式 両方精製できるV-HOPE V−HOPE100
日量
100L
タンク容量
600×500 155L
電気ヒーター
3相200V 5kw
アルコール回収付き


V−HOPE100型

設置例

千葉県・サン石井商事様
ドライ+水洗方式 両方精製できるV-HOPE V−HOPE200
日量
200L
タンク容量
800×500 276L
電気ヒーター
3相200V 10kw
アルコール回収付き
ドライ+水洗方式 両方精製できるV-HOPE V−HOPE300
日量
300L
タンク容量
900×550 392L
電気ヒーター
3相200V 15kw
アルコール回収付き
※日量MAXは、気候温度により相違があります、   精製時間 8〜72時間
お気軽にお電話下さいBDF専門的が親切に対応します

資料請求メール
HOME